コンサートにお越しいただきありがとうございました

 こんばんは。本田陽彦です。

 

 昨日は成人の日でしたね。きっと街では晴れやかな姿の新成人のみなさんが、彩り豊かに歩いていたことでしょう。私は家から一歩も出ていな・・・あ、出ました。夕飯は家族でタージ(カレー屋さん。すごく美味しいですよ。でもナンの味が変わっていた気がする・・・!!)に行ったのでした。

 

 おや・・・なんの記事を書くのかわからなくなってしまいました。

 

 そうでした、そうでした。7日のコンサートが無事に終了しました、というご報告でした。f:id:teruteru007:20180109020132j:plain

 寒い中、お越しくださった皆様、本当にありがとうございました。感謝の気持ちでいっぱいです。

 我々のコンサートは「歌とおしゃべりの・・・」と題されるくらいMCトークがあります。ちと長いかな・・・と気にしながらもついつい話してしまうのですよ。皆さんにお伝えしたいことがたくさんあるものですから。。。

 

 先日のブログに、「世界を平和で笑顔にしたい」ということを書きましたが、コンサートで話をしながら気がつきました。私たちにはこのような伝え方があるじゃないかと。想いを伝える機会も手段もあるじゃないか!!

 すごくありがたいことです。善哉、善哉。

 

 これからも精進してまいりますので、どうぞよろしくお願いいたします。

 

 健やかで、危険がなく、心安らかで、幸せであれかし!

 

新年のご祝詞を申し上げます。

 明けましておめでとうございます。

 新しい年をみなさま如何お迎えでしょうか。

 

 大好きな酉年も終わり少し寂しい気もしますが、もう一周気長に待つことにします。

 昨年はいろんなことがありました。厄年でしたからね、本当に笑

 でも同時に、たくさんのことを教わった一年でもありました。人との出会いは無上の宝です。たくさんの方に救われました。

 

 私のこれまでの人生における、一つ一つのできごとが今の私を作ってくれている。全てが大切なことで、一つ欠いても、今の私はないんです。このことに触れたとき、ああ、生きていていいんだ、生まれてきてよかったんだ・・・という思いが生じます。

 

 昨年はとくに、多くの師との出会いがありました。どなたも私にとって、大切な人生の師匠です。

 生徒の準備ができたときに先生は現れる。

 そうなのかな・・・準備ができたのかな・・・。

 

 みなさんに出会うまでの私は、正直、世界なんてどうでもよかったです。世間への愛が消えかかっていました。

 

 ところが昨年末、最後にご縁をいただいた先生にお会いしてから、私の中で確実に、何かの変化が起き始めています。

 

 誰かを責めたり恨んだりしてしまう外向きの怒り。自分を責めたり自己嫌悪に陥ってしまう内向きの怒り。ときにはイライラして他人へ向かったり、自分へ向かって傷つける怒り。それを手放して、解放されますように・・・と祈るとき、消えかかっていた世間への愛が、わたしの中からじわじわ〜っと広がってゆきました。

 

 自分でも驚く体験でした。こんな気持ち生まれ起こってくるなんて・・・。

 

 

 元日、日付が変わったころでした。小学生のときに助けてもらった、私にとって大切な友人から連絡をもらいました。そのとき尋ねられたのです。「てるちゃんの今年の目標は?」と。

 私は「世界を平和で笑顔にしたい」と答えました。小学生みたいじゃないですか!?笑 自分で笑ってしまったのですが、本気で思ったんですよ。まじで。

 

 私はね、小学生のころでさえも、こんなこと思ったことなかった!と思っていたのですが、よーく思い出してみると、私のデフォルトはコレだった!ということに気がつきました。私の心に通奏低音として流れているのは、コレだったのではないか!と。

 とくに去年は、心の波が津波ばりだったこともあり、長い間、私はこの微細な響きをききとることができていなかったようです。

 

 思い出しました。たぶん。これが、私のいのちの輝きであれば、それが一番美しく光ることのできるあり方を見つけてあげようと思います。

 

 今年がよい一年となりますように。危険がないように、健やかで幸せでありますように。

 

 平成30年もどうぞよろしくお願いいたします。

 

   本田陽彦

自ずから癒えてゆく

 こんにちは。本田陽彦です。

f:id:teruteru007:20171227122714j:plain 

 高野山から戻ってきてから、自分の中で覆い隠されていたトラウマさんたちを見つけるようになりました。今日は夢のなかで、十年以上も前のことが再体験されましたが、過去の様子とは違っていました。

 

 自分の感覚感情を押し殺すことなく、自分をいじめることなく、自分を大切にするために立ち向かうチビてるてるがいました。目覚めてとても嬉かったですね。それと同時にこんなに昔のことをコイツは抱えて生きていたんだな・・・と愛おしく思えました。

 

 目覚めたら朝が来ていました。朝のひんやりとした空気。清らかな感じがしますよね。

 胸いっぱいに息を吸いながら、夢のなかの出来事を、そして癒されてゆく私というまぼろしを優しく微笑みながら見届けます。

 

 そして朝という時間は、「朝は私にとってネガティブなものだ」という思い込みによって歪められています。それを自覚して、朝を、キラキラして素敵なものに変容していきたいな〜と思っています。

 

 今日の朝は心の花びら全開でした!

 

 今年も残り数日。どうぞお元気でお過ごしください。

新春コンサートのお知らせ

 こんにちは。本田陽彦です。

 

 今日はお知らせを。

 来年、2018年1月7日(日)に樟の香りコンサート@川の駅船小屋 恋ぼたる に本田兄弟が出演いたします。時間は13:00-,14:30-の2ステージ。

 

 おかげさまで、毎年恒例となりました年初めの吟詠コンサート。私たちが本田兄弟として活動するようになったきっかけであります。

 新しい年の初めに、皆さまが健やかで、危険がなく、心安らかに、幸せでありますようにと、慈しみの念をしっかりと保ちながら吟じます。

 

 皆様にお会いできることを楽しみにしております。

 

 寒い日が続きます。どうぞあたたかくしてお過ごし下さい。

 

 Sabbe Sattā Sukhitā Hontu !

 

安らかで幸せでありますように。

 こんにちは。本田陽彦です。

 ブログの更新が空いていました。

 

 実は先月末、高野山へ行ったのです。紅葉がまだ残っており、綺麗でした〜!宿坊に泊めていただいたり、朝の勤行に参加させていただいたり、、、貴重な経験ができました。声明の響きには心惹かれました。

f:id:teruteru007:20171220180224j:image

 

 そしてなにより、かけがえのない、人との出会いがありました。私の人生において、おおきなインパクトが起こったような感じです。

f:id:teruteru007:20171220180412j:image

 

 ところが、、、帰ってきてから高熱と下痢にしばらくの間苦しんでいました。何も食べることができず寝たきりの生活でしたので、体力と筋力が落ちています。。。おかげさまで、随分回復していますが。

 

 久しぶりに外に出ましたが、外がすごく寒くなっていることに驚いています!私が寝ていた間に、すっかり季節は変わっていました。皆さんはお変わりなくお過ごしでしょうか。

 

   今日は3ヶ月間続いていた調査が一区切りつきました。何かが終わると寂しさを感じますね。寂しさを抱えたまま、見守っていてあげようと思います。

 

   私はこの3ヶ月間、貴重なご縁をいただいていました。私は水曜日が終わり、次の水曜日が来るまで、出会った人々が安らかで幸せでありますようにと祈っていました。おそらく、それはこれからも続きます。

 

   心が優しい人々であることを知っているから、自分を責めて苦しまないように、自分をいじめることから離れられるように、、、このように祈りながら、私はこの想いをしっかりと保ってこれからも過ごします。

f:id:teruteru007:20171220183457j:image

   ちょうど私が彼らに出会ったころ、私はとても苦しかった。だから余計に彼らの苦しんでいることを感じ取っていたのでしょう。

   私は彼らが実践するのと同じ仕方で自分の苦しみに寄り添いました。調査とはいうものの、自分自身のために、自分の憂い悲しみを取り除くために、乗り越えるために、同じ場所で時間を過ごしたのです。

 

   今日で彼らと会うのは最後でしたが、これからも私は彼らに慈しみの心を向け続けたいと思いました。胸の奥かどうかはわからないけれども、彼らの深いところにあって、自身では未だ気づいていないであろう輝きに触れさせてもらう体験をしたからです。

 

   どれくらいの時間がかかるのかはわかりません。自分をゆるして、そしてゆるめて、しなやかさを取り戻すときがくることを私は願っています。もちろん私自身も。

 

   他人がエゴイストだというくらい、自分のためにケアしてあげる。自分を裁くことは他者がいくらでもやってくれるのだから、私一人だけは自分のために全面的に味方して守ってあげていい。そう私は思います。

 

   そういえば、大変興味深い方と知り合いました。世の中、どこでどんなことに遭遇するのかわかりませんね。

 

   健やかで、危険がなく、心安らかに、幸せであれかし!

 

 

 

花びらが閉じる日もあっていい。

 こんにちは。本田陽彦です。

 

 数日の寒さと雨で体調を崩す人が周りに増えた感じがします。皆さんは大丈夫ですか?

 

 私が最近知った心理療法中丹田を意識して行うものがあるのですが、それを実践したときに気づいてしまったんです・・・

 

 私、ハートを開きっぱなしだなと。

 

 中丹田はちょうど胸の真ん中あたりを指すのですが、そこに蓮の花のイメージを起こします。そして、花が開いている状態で世界と、自分の大切な人とつながっているイメージへと繋げてゆきます。

 

 今度は、自分のために蓮の花を閉じなければならないときはどんなときなのか考えます。そして、ゆっくりと蓮の花を閉じるイメージをしてゆくのです。

 このとき、私の中にあるイメージが立ち上がってきました。それは、蓮の花びらが観音さまの手になり、その中に私は坐っているのです。その私を観音さまの手が包み込んでゆきます。包まれたとき、守られている感覚、安心している感覚が感じられました。

 

 そして気がついたのですよ。どんな人にも蓮の花を開いたまま接していたんだな〜と。それは大切なことなんですけど、自分を大切にしていないときもある。自分を傷つける人に対しても開いている必要はないんです。しっかりと閉じて、自分を守っていいんです。

 風雨が過ぎ去っていった後で、ゆっくり花を開いてゆき、それからまた大切な人たちとつながっていけば、それでいい。

 

 その方が、きっと私を生きているいのちは輝いているんだと感じました。花を閉じる前につながっていた人と、閉じた後につながる人は違っているかもしれません。もしかしたら、人の数が減っているかもしれません。もちろんイメージのなかで。

 

 でも、それでいいんじゃない?

 

 そう思えたので、これから私は花を閉じていることも学んでいきます。

 いのちが輝くことが幸せなんじゃないかな。もっと自由になっていいんだよ、と言われた気がします。

 

 健やかで、危険がなく、心やすらかに、幸せであれかし!

怒って何が悪い?

おはようございます。本田陽彦です。

 

私はたまに、「こいつは腹がたつな」という思いがグツグツ〜っと湧き出てきます。怒りの感情です。

 

でも経験として、この思いというものは私が努力して生じさせたものなどではなく、勝手にあちらの側から湧き出でてくるものだと知っているので、怒りの思いをそれ以上育てることは稀になりました。

 

しかしながら、どうしても身体には爪痕を残しているもので、胸のあたりや背中を中心に、身体全体に不快な感覚が広がってゆくのを感じます。

 

そして何となく心の方もどんよりと暗くなった気がして、ああ怒りの感情の結果なんだなと振り返るわけです。

 

だからどうしたというわけではなく、いや、どうにかしようとしても何とかなるわけでもないようですから、そっとしておくしかないようです笑

 

ただこの状態をも私というものの一つの様相であるとして、そこに良い悪いの分別を挟まず、ただそういうものだとオープンハートな姿勢で生活に戻るのが自然なあり方なのではないかと近頃思います。

 

以前は、この怒りの思いを何とかして根絶やしにしてやろうという勢いを持ってやっていたのですが、これは思いに対する敵意であり、すでに怒りながら努力するのですから、初めから検討外れなことを熱心に努め励んでいたわけです笑

 

この姿勢は今の時点での私にとって、もっとも適当なものであると思うに至ったので、ここに綴りました。

 

健やかで、危険がなく、心安らかに、幸せであれかし!