閑人こそ銘とすべし。

 こんにちは。本田陽彦です。

 

 久しぶりに心から楽しい時間を過ごすことができました・・・。

 

 先日、数年ぶりに小学校時代の同級生3人と会うことができました。

 彼らはたまに集まることがあったようで、時折、私にも連絡をしてくれていたのですが、なかなか都合が合わず断念していました。

 

 最後に連絡をもらってから8ヶ月以上経った先日、思いがけず食事のお誘いをいただきました。幸い何の予定もなく、夕食の場にまぜてもらったのです。

 

 私が最後に彼ら会ったのは高校生の頃でした。小学校のときの恩師が転勤するために同級会を兼ねて集まったのです。そのときに寄ってどうするかと話をしたのが彼らでした。

 

 それから数年ぶりに顔を見ます。私はなんとなく緊張しつつお店に向かいました。彼らは気を遣って、私がいる近くの店を予約してくれていたのです。

 私が店に到着して少し遅れて彼らはやってきました。そして「すみません、遅くなりました」と、私と、彼らに会いたいと待っていた家族に言うのです。私の中のイメージは小学生のころのお友達のままでしたから、もうビックリしてしまって笑。とても嬉しくなりました。そうだよね、もう大人なんだもの。失礼しました。

 

 お店に入るとちゃんとアルコールを頼むんだもの笑。これまたビックリして。

 

 私たちの通った小学校では、名前に「さん」付けで呼ぶ伝統がありました。今はどうなっているのかわかりません。私は別の中学に行ったものですから、みんなのなかでは私だけ小学生のまんまだったのでしょう。「てるひこさん」と呼んでくれます笑

 

 まったく違和感がない。恥ずかしい感じもしない。とても心がゆるんで、あたたかくて、ふわりと表情筋が解けるようでした。

 

 「気を遣わなくていい。自分を作らなくていいから楽しいんだ」とそれぞれに言っていましたがまったくその通りで、そんなはからいなんてはじめから頭にないんですよ。

 

 私の詩吟の師匠は70歳を過ぎても、小学生のお友達と年に何度も旅行をして、仲間の良さについて話してくださいます。私にはそんな経験がなかったものですから、ほほう、そんなものなのかと、何となしに聴いていました。

 そんな私にもようやく理解できました。小学校の同級生とはこれほどまでによいものであるかと。

 

 そんな仲間の一人は、小学生の頃の話をよく憶えている。まったく関心する。彼女によると私たちは今考えれば申し訳ないようなことを度々やらかしていたらしい。「そのとき私もいたか?」と尋ねてみるんだけれども、やっぱり「おった!!」と言われるんだから恐縮する(汗。 

 そんな彼女はもう結婚して、立派な奥さん、お嫁さんになっているのだという。こんなところで夕飯食べていていいのかと不安になるのだが、それはそれは立派すぎるお嫁さんであるから、誰も文句は言わないようである・・・。

 

 小さいころから電車が大好きな彼は、今では特急列車でお客さんを安全に運んでくれている。私もいつか彼の運転する電車に乗ってみたいものである。帰りがけに駅の近くを通ると、「おれは休みの日まで駅や電車の音を聞きたくないんだ」と言っている。あれだけ電車が大好きだった男がこんなことを言うようになるなんて、なんだかおかしかった。

 彼は面倒見がよく気がきくものだから、残りのお嬢さんたちから頼りにされている。この日は6時台からお迎えにあがったそうである。始発電車と変わらない運行であろう。頭が下がります。

 

 もう一人のお嬢さんは、これまたお嬢さんという感じである。白熱する掛け合いのなかに、あいも変わらず、拍子抜けするようなことをヒョイと投げ入れる。すると前の2人からビシっとやられる笑。

 彼らの勢いはこちらが圧倒されるくらいに大したものなのであるが、このお嬢さんがうまいこと寸止めするから流れがとまる。そこで収まるような彼らじゃないもので、それを引き金に勢いが増すのであるから見ていて飽きない笑。

 また彼女はたいそうおもてになるようで、手持ち無沙汰であったことはない模様である。こんな大物が仲間内から出てくるとは想像もしていなかった笑

 

 三者三様、みんないいキャラクターである。こんなところへ私を加えてくれたことに、心から感謝をしています。せっかく育んできた彼らの流れを、久しぶりに会った私が滞らせてしまったのではなかろうか・・・などと日頃しないような心配をしてしまうほどに楽しかった。

 

 最後はしっかり家まで送っていただき運転しているところまで見せてもらえて。なにからなにまで感激の連続の夕べでした。

 

 みんなありがとう。

 

 あ、そうそう。「ひまじん」のライングループ、ご招待お待ちしていますよ!!

 

 健やかで、危険がなく、心安らかに、幸せであれかし!

 

 

無事に帰って来ました〜

 こんにちは。本田陽彦です。

 

 シーマー認定儀式の調査、武道館大会の付添などを無事に終え、福岡に戻ってきました。

f:id:teruteru007:20171109121135j:plain

 写真は儀式の翌日の早朝一時間ほど彷徨しながら辿り着いた鹿島灘駅です。疲れていますね〜笑 身に余る役を仰せつかり、大変緊張いたしました。生きている間にこのような経験ができ幸せでありました🍀

 

 この後、鹿島神宮駅まで行き、高速バスで東京駅まで。それからヨーガの先生に数ヶ月ぶりにお会いし、ホテルグランドパレスへ向かいました。そこで会長と合流し日本武道館へ。

 

 全国吟剣詩舞道大会(武道館大会)へは初めて行ったのですが、なるほど、ここが噂に聞く武道館であるかと。

f:id:teruteru007:20171109122611j:plain

 会長の吟剣詩舞大賞を受賞される様子をお側で見守ることができ、このようなおめでたい瞬間に同席させていただき、至極光栄でありました。ありがとうございました。善い思い出です。

 

 遅くなりましたが、ご報告でした。(ああ、40周年の記事を載せますと書きつつそれもまだ・・・💦)

 

 私はアレルギーが出始めぐしゅぐしゅしております。皆様あたたかくしてお過ごしください。

 

 健やかで、危険がなく、心安らかに、幸せであれかし!

 

香る幸せ

 こんにちは。本田陽彦です。

 

 お昼時、コーヒーを淹れるために、豆の入った袋を開くと香るフワッとした香り。

 コーヒーメーカーが一生懸命働いてくれて、「あ、もうすぐできますよ〜」っていう時にたちこめる香り。

 

 私はこの香りが大好きです。

 

 でも、そうして出来上がったコーヒーを飲んでみると・・・なんだか今日はあまり美味しく感じない。こういう日もあります。

 

 でも香りを楽しめた。それでいいじゃないの。そう思えるようになったのはよいことだな〜と思います。

 

 今日もとても短い笑

 

 健やかで、危険がなく、心安らかに、幸せであれかし!

人間失格

 こんばんは。本田陽彦です。

 

 突然ですが!私、人間失格なんです!!

 

 「人間失格だから、生まれてきてんだよ」

 これは私の敬愛する方のお師匠さんのお言葉だそうです。

 

 私はこの言葉に救われた気がします。開き直りとは違うんですよね。ただ、根源的なところで人間失格だから、人間失格だからこそ・・・。すーっと楽になれるんです。

 

 人間失格だから、当たり前なんです。こんなもんでいいんですよ。こんな私でも、こうして、存在していることがオッケーなんだと。

 

 いつも、この場所にいることができれば、世界はもっと美しいんだろうな。

 

 健やかで、危険がなく、心安らかに、幸せであれかし!

筋肉痛是休日

こんにちは。本田陽彦です。

 

本日は筋肉痛とともにお送りしております笑

 

昨日は福岡県吟剣詩舞道総連結成40周年記念大会に出演させていただきました。マイクのトラブルはあったものの、おかげさまで皆さんからお褒めの言葉をいただきました。ありがとうございました😊(本大会のレポートは後日掲載したいと思います。)

 

今日は、ただただ、身体が痛くて笑

着付けで日頃使わない筋肉を使ったからです^^; (すぐに痛みが出るのは若いからです!)

 

だから今日はこれで終わりですm(__)m

 

最近忙しくてブログのことをすっかり忘れていましたが、たくさんのアクセスをいただいて驚いています。ありがとうございます。

 

どうぞ、この一週間を心身ともにお元気でお過ごしくださいますように🍀

 

健やかで、危険がなく、心安らかに、幸せであれかし!

 

元気、元気、元気

 こんにちは。本田陽彦です。

 福岡では数日前までの暑さがうそのように冷え込んできています。

 私は野焼きの影響もあり、鼻と喉がモヤモヤ・・・。一週間ほど続きました。

 

 今朝はなん年ぶりでしょうか。爽快な目覚めでした!!

 いいですよね、この感覚💕エネルギーが身体とこころにみなぎっている感じ。全身がすっきりしていて、軽快さのなかにもドッシリとグラウンディングしている。うん、いいです😊

 

 なんででしょうかね?昨日、鯉料理を食べに行ったからでしょうか。

 なんであれ、この感覚を味わいながら幸せに過ごしたいと思います🍀

 

 それでは、よい休日をお過ごしください。

 健やかで、危険がなく、心安らかに、幸せであれかし!

第60回 西日本吟詠決戦大会

 おはようございます。本田陽彦です。

 

 10月9日に行われた第60回 西日本吟詠決戦大会に兄弟で出場してきました。この大会は、吟詠家なら誰でも出場できるという数少ないコンクールの一つであります。

 近年は財団法人日本吟剣詩舞振興会主催の決勝大会と重なっておりましたので、少年の部以来、はじめての出場でした。こちらでは少年の次は一般一部なんですよね・・・なんだか一気に成長した(老けるとは言ってません)気分になりませんか・・・?

 

 このコンクールでは音程ガイド音がはじめになるだけで、無伴奏で吟じなければなりません。普段出場しているコンクールとは違い、吟詠中の音程が常に気になります💧なん年ぶりか・・・10年?!(忘れました)しばらくぶりの大会ですのでとても心配しました。弟も緊張したようで、声が裏返ってしまいました。

 

 結果は兄が西日本吟士権、弟が西日本吟士の称号をいただきました。今日は福岡県総連結成40周年記念大会のリハーサルです。

f:id:teruteru007:20171013023712j:plain

 先月の全国大会から舞台ではおでこを出しております。写真は夕方のものですので、髪も顔も疲れていますね。いつもはもっとハツラツとしているんですけれど・・・(ものいいは受け付けていませんっ!笑)

 

 先日のブログについて、「兄ちゃん、決め台詞忘れとるよ」と言われました笑

 

 健やかで、危険がなく、心安らかに、幸せであれかし!